火災保険や地震保険の選び方 〜無駄を省いて安く加入する方法〜 /新築建売住宅購入体験記【3】

Insurance

 

住宅を購入したら必ず火災保険や地震保険に入ろう

 
火災保険や地震保険への加入は任意です。火災保険に入らないからと言って家が買えなくなるわけではないので、不動産屋から強く勧められることもなく、加入し忘れていたなんてこともあるようです。

僕の場合も不動産屋が「火災保険はどこか安いところ探して入っておいた方がいいですよ〜」って話のついでに軽〜く言われただけだったので、うっかりそのまま加入し忘れるところでした。

しかし借家と違って、持ち家は全てあなたの責任となります。火災や地震で家を失ってローンだけが残るという最悪の事態を避ける為にも、火災保険と地震保険には必ず入るべきだと思います

僕は火災保険に入るにあたり、複数の保険会社に相談し、ほけんの窓口でも相談して、最終的に同じ補償内容で最も安い火災保険・地震保険に加入できたと思っています。今回はそんな僕が保険会社のプロ達から聞いた、火災保険・地震保険の選び方をまとめていきたいと思います。

【注意】
ここに記載していることは保険のプロから聞いたことを元に記載していますが、補償内容の解釈を含め、全ては保険会社の取り決めによって異なります。契約する際にはしっかりと補償内容をご確認の上、ご自身の責任で契約するようにしてください。当ブログでは一切の責任を負いかねます。
 
 

火災保険の基礎知識

 
そもそも火災保険とはどんな保険かというと、主に火災や地震・台風・大雨・洪水などの自然災害や衝突・盗難といった人災によって建物や家財が損害を受けた時の為に補償してくれる損害保険の一種です。
 
保険の対象(建物だけなのか?家財まで補償するのか?)と 補償内容(補償される事故の種類、火災だけなのか?それ以外も補償してもらうのか?)を自由に組み合わせることができるようになっていて、もちろんそれによって保険料も大きく変わります。

この為、自分の家に本当に必要なものだけを見極めて加入することが保険料を安く抑えるコツとなります。 
 
 

火災保険で主に補償されるもの

 

火災
自宅からの失火や隣接する家からの貰い火など、火災全般で損害を受けた場合の補償です。ただし、地震に伴う火災は補償されません地震保険の範囲になります)。
 
落雷
落雷で電気設備が壊れたり、火事になった場合の補償です。
 
破裂・爆発
ガス漏れなどで家が爆発しちゃった時の補償です。
 
風災
台風や旋風・竜巻・暴風などで屋根が飛んだり、ガラスが割れたり、家ごと吹き飛ばされたりした時の補償です。近年、毎年のように大型台風が上陸したり、竜巻の被害が出てますので、必須の補償内容と思います。
 
雹災
雹(ひょう)で屋根に穴が空いたり、ガラスが割れたりした時の補償です。
 
雪災
雪です。
 
水災
台風・暴風雨・豪雨などによる洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石によって、床上浸水などの水災を受けた場合の補償です。最近は夏になると当たり前のようにゲリラ豪雨が発生するので、川の近くはもちろん、低い土地の家は必須の補償内容だと思います。ただし「床上浸水」以上が補償条件となっている場合が多いようなので、補償内容もしっかりと確認しましょう。
 
水濡れ
自宅や近隣住宅の給排水設備の事故などによる漏水で、ビシャビシャになった床が剥がれたり、歪んだり、壁に痕がついてしまったりした時などに補償してくれます。
 
盗難
泥棒に入られて物を盗まれたり、家の中を壊されたり、汚されたりした時の補償です。
 
物体の落下・飛来・衝突
最近は飛行機の部品とか宇宙ゴミとかドローンとか、いらいろなものが空から落っこちてきます。また、アクセルとブレーキを間違えた高齢ドライバーやスマホをしながらわき見運転する車が突っ込んでくることも頻繁にあります。

そういった物体の落下や飛来・衝突によって家が壊れた時の補償です。ジャイアンやカツオが打ち込んだホームランでガラスを割られた場合もこれが該当しますね。
 
集団行動等に伴う暴力
現代ではあまり考えにくいケースですが、例えばデモ隊と警官隊の衝突とか、暴力団同士の抗争で建物が破壊された場合の補償だそうです。
 
地震・噴火
地震や噴火、またはこれらを原因とした津波によって生じた火災・損壊・埋没・流出などによって建物が破壊された場合の保険で、いわゆる「地震保険」のことです。

一般的に火災保険の特約の一つとなっており、地震保険だけに加入することは出来ず必ず火災保険とセットで加入することになります。さらに補償金額として設定できるのも、建物・家財共に火災保険の半額までと決められています。

これは地震によるリスクが非常に高い(と分かってきた)為であり、地震保険の方が火災保険より大幅に割高です。補償は火災保険の半額なのに、保険料は1.5倍くらいすることが普通です。

また火災保険は最大10年加入することができますが、地震保険は最大5年です。つまり5年ごとに保険に加入し直さなければならず、その時に保険料が引き上げられている可能性もあります。

地震保険に関しては今後さらに保険料が引き上げられることが必至ですので、なるべく5年契約で加入することをオススメします。
 
 

個人賠償責任保険は付けておけ!

 
個人賠償責任保険とは、あなたやあなたの家族が起こした重大な過失によって損害賠償責任が生じた時に補償してくれる保険です。具体的には人に怪我をさせてしまったり、物を壊してしまった時などが対象となります。約款には「被保険者が日本国内で営む日常生活に起因する偶然な事故」を補償するなどと書かれています。

例を挙げると、

  • 飼い犬が他人に噛み付いて怪我を負わせてしまった
  • スキーやスノボーで他人と接触して怪我を負わせてしまった
  • 子供がキャッチボールをしていて他人の家のガラスを割ってしまった
  • 雑貨屋で大量の食器を割ってしまった
  • 子供が持っていたアイスクリームが人の服を汚してしまった

といったようなことが当てはまります(ちなみに自動車がらみの事故は自動車保険での補償となります)。
 

近年、特に多いのが自転車による事故です。
 
スマホを見ながらの運転など、危険な運転をする人が増えていて社会問題になっている自転車事故ですが、あなたがいつ加害者になるかもしれません。
 
またご自分が自転車に乗らなくてもお子さんが事故を起こした場合、賠償責任はもちろん親であるあなたに発生します。
 
実際に15歳の子供が接触事故を起こしたケースでは、被害者の67歳のおばあちゃんが意識不明の重体になってしまい、加害者の親が9500万円の損害賠償を命じられたこともあります。普通の家なら破産してしまいますよね。
 
このような時、個人賠償責任保険に入っていれば保険金で支払うことが出来るのです。
 
 
この個人賠償責任保険は自動車保険などいろいろな損害保険に特約として付けることが出来るのですが、火災保険の特約として付けるのが最もお得なのだそうです(ほけんの窓口の人から聞きましたが本当にそうだと思います)。
 
実際、僕も火災保険料にたったの数百円の増額しただけで、家族全員分合計3億円までカバーされることになりました。補償内容は保険会社によって異なりますので確認が必要ですが、これはぜひ付けるべき特約だと思います!
 
 

火災保険はとにかく安い保険を選ぼう

 
ある保険相談員に「火災保険だけはとにかく安い保険に入るに限りますよ」と言われたことがあります。なぜなら日本において自宅が火災を含めた災害の被害に遭う確率は極めて低いからだそうです。

そもそも保険とは万が一の場合を想定して入るものですが、自動車保険医療保険に比べるとその発生確率はずっと低い。入らないと困るけど、入ってもどうせ保険金を受け取ること確率などほとんどないのだから、保険会社のブランド力やサービス内容にこだわらず、とにかく保険料の安い保険に入るべきだ!というのがその人の言い分でした。

これは確かに一理あるかもしれません。例えば自動車保険なら事故時の緊急対応力などを考慮すべきですが、火災保険については全て事後処理です。つまり入っているか、入っていないかだけが問題なのですから、なるべく保険料の安いものを選ぶべきだと僕も思います。
 
 

火災保険・地震保険の選び方

 

1.不動産屋や銀行が勧める火災保険は契約しない

不動産屋や銀行はここぞとばかりに付き合いのある保険会社を勧めてきますが、たいていの場合は昔ながらの大手保険会社なので、決して安くありません

先ほどもお伝えした通り、火災保険はとにかく安いところに入るべきです。その為に選ぶべきはネット系の保険会社が一番です!

同じ保険料なら、ブランド力のある大手保険会社で乏しい補償内容にするよりも、ネット系保険会社で手厚い補償内容にした方が絶対に良いのです
 
 

2.あなたの家にとって必要最低限の補償を見極める

 

冒頭でもお話しした通り、火災保険の場合は保険の対象と補償内容によって保険料が大きく変わります。この為、あなたの家にとって必要最低限の補償が受けられるように見極めることが保険料を安く抑えるコツとなります。
 
ポイント1 : 建物だけか? 建物+家財か?
まず始めに検討すべきポイントは保険の対象についてです。建物だけを補償するのか、建物にプラスして家財も補償するのかによって、保険料は大きく変わります。

火災保険は万が一の時の為にとりあえず入れば良いという考え方に徹するなら建物だけで良いでしょう。ただ、建物以外の家財を一式揃えるとするとどの家でもかなりのお金がかかるそうです。家族の構成年齢や年収にもよりますが、一般的な4人家族の家の場合で400万〜600万円くらいかかるのが相場だそうです。

「うちは絶対にそんなにかからない。高いものと言ったらパソコンと冷蔵庫とテレビと家具一式くらいだよ」と思っている家でも、洋服から生活用品から実際に全て揃えようとすると、これくらいかかるのだそうです(保険屋談)本当か?

まあ実際に火事に遭遇してしまった場合、建て替えをするにしても当分その家には住めなくなります。その間の住宅費や引越し費用など、ただでさえいろいろとお金はかかりますので、できれば家財まで補償対象とした方が良いかと思います。
 
 
ポイント2 : 地震保険に加入するかどうか?
 
次に検討するポイントは地震保険に加入するかどうかです。

地震保険に関しては、前述の通り日本では発生する確率が非常に高いので「加入」の一択のように思えます。しかし、思わぬ落とし穴があるので注意が必要です。

それは地震保険特有の支払い条件です。

例えば自動車保険の車両保険や生命保険などでは、万が一の時に補償金額が全額支払われるのが一般的です。200万円の車両保険に入っていて、車が事故で廃車になってしまったら200万円支払われますし、一部損でも修理にかかった費用は全額支払われます。生命保険も同様です。2000万円の生命保険に加入していて死亡したら、2000万円が支払われるのが普通です。

しかし、地震保険は違います。

地震保険の場合は「全壊」「半壊」「一部損」の3つの基準で判定して、それぞれ100%、50%、5%と支払い金額が決まっているのです。例えば1000万円の地震保険に入っていて、家の修繕に700万円かかったとしても、「半壊」と判定されたら500万円しか支払われないのです。つまり判定内容によっては、かけた金額よりも全然少ない金額しか支払われない可能性があるということです。

また、そもそもかけられる金額が火災保険の30〜50%までという上限もネックです。例えば一般的な戸建ての建売住宅の場合、火災保険で建物にかける金額は1500万円〜2000万円くらいが相場ですが、そうなると地震保険でかけられるのは最大でもその半分の750万円〜1000万円だけなのです。これでは例え「全壊」判定されたとしても、全く持ち出しなしで家を再建することは難しいかもしれません。

このように地震保険は決して万全ではないのです。それなのに、保険料は非常に高額です(火災保険に比べて補償金額が50%なのに、保険料は1.5倍くらいします)。

それでも地震保険に入るのか?思い切って入らないのか?悩みどころですね。
 
 
ポイント3 : 水災保険をつけるかどうか?
3つ目のポイントが「水災」です。

近年、これまでに経験したことのないような大型台風の上陸やゲリラ豪雨による水災による被害が毎年当たり前のように多発しています。「水災」のリスクが高くなっている為、これを補償範囲に加えるかどうかで保険料が大きく変わります。

川のそばや低い土地の場合は必須とも言えますし、逆に丘の上など高い土地で水がなだれ込む危険の少ない土地なら思い切って付けないことで保険料を大幅に安くすることもできます

ちなみに僕の家も丘の上にあるので、水災は除外しています。ただし、土砂崩れも水災に含まれるので、高い場所にあっても崖のすぐ近くだったら入っておいた方が良いかもしれません。
 
 

3.決めた補償内容で複数の保険会社を比較する

 
加入する補償内容を決めたら、同じ条件で複数の保険会社に相見積もりを取ってなるべく安い保険会社を探します。その場合、火災保険の比較サイトを利用すると便利です。

各社にいちいち見積もりを取ってもいいのですが、その都度個人情報や補償内容を伝える必要があって大変面倒くさいからです。それに引き換え比較サイトなら、一度の入力で複数の保険会社から見積もりが届きます。
 
あとは届いた見積もりの中で最も安い保険会社にそのまま加入してもいいですし、最安値の保険会社のうちの幾つかに問い合わせをして特約や補償内容などの細部を詰めてもいいと思います。

僕は「保険の窓口インズウェブ」という比較サイトを利用しました。ここは大手保険会社からウェブ系保険会社まで有名どころばかり10社に一括して見積もり依頼することができるので、火災保険料の「基準」を知る為にも特にオススメです
 
保険の窓口インズウェブはこちら ↓ 

 
 

まとめ

 
火災保険や地震保険はとにかく保険料の安い保険会社のものに加入すべきです。そしてその為には補償内容を吟味して必要最低限に抑え、複数社に見積もりを取って比較するのが一番です。

もしブランド力のある保険会社で薄い補償内容にするのなら、ウェブ系保険会社で手厚い補償内容にした方が良いと思います。

そのような割り切りの考え方が火災保険には必要です。
 
 
 

こっちも読んでね!